これはソフトウェアをe3にアップデートする時に新しいアクセスコードを入力する際、またはe3ドングルに期間延長のアクセスコードを入力する際に発生します。

ソフトウェアをe3にアップデートする

ソフトウェアをe3にアップデートする際のアクセスコードの入力方法が改善され、新しいアクセスコードはインストール中にインターネットを介して自動的にドングルに入力されるようになりました。旧バージョンのWilcomソフトウェアをe3にアップデートする場合、前もって新しいアクセスコードを入力する必要はありません。e3ソフトウェアのインストールを開始するだけでいいのです。お使いのPCがインターネットに接続されていることを確認してください。

メモ: お使いのPCがインターネットに接続できない場合にそなえ、引き続き新しいアクセスコードを含んだEメールが送信されます。PCがインターネットに接続できない場合、新しいアクセスコードを入力する前に、ソフトウェアをインストールする必要があります。インターネットの接続が検知されないと、インストール中にアクセスコードの入力を指示するダイアログが開きます。

ドングルの期間を延長する

e3ドングルに期間延長のアクセスコードを入力する場合、インターネットを介して自動的にアクセスコードを入力する方法がありますが、アクセスコードを入力する際に問題が発生することがあります (アクセスコードが無効とでる場合があります。これは前回のアクセスコードを期間延長処理の一部として入力しなかった為です)。

この問題を解決するには下記の手順に従ってください。

お使いのPC64ビット版Windowsオペレーティングシステムを使用している場合:

  1. 「スタート」ボタンの上で右クリックし、「エクスプローラー」を開きます。
  2. C:\Program Files(x86)\Wilcom\EmbroideryStudio_e3.0\BINまでナビゲートします。
  3. 「DATAGATHER.EXE」ファイルを右クリックします。
  4. メニューを右クリックし、「管理者として実行」メニューをクリックします。
    メモ: これによりドングル認証 手続きが開始します。
  5. 「OK」ボタンをクリックします。

メモ: インターネットを介して、期間延長アクセスコードが入力されます。
お使いのPC32ビット版Windowsオペレーティングシステムを使用している場合:
上記のステップ2) を下記に変更してください。

2. 「C:\Program Files\Wilcom\EmbroideryStudio_e3.0\BIN」までナビゲートします。


ご注意:旧バージョンドングルをe3のドングルに移行する前に、「e3.0QR2サービスパック/アップデート」を先にインストールしない様にお願い致します。ソフトウェアにe3.0QR2が既にインストールされている場合、ドングルの移行(ブレイントランスプラント)に支障が出ることが報告されています